冷蔵圧力発酵でおしりの形のパンを焼く

    
久しぶりに家でパンを焼きました。
ほんと~に久しぶりで、イースト大丈夫かな?
とちょっと心配だったけど、無事に発酵してくれました。
粉とお塩とお水とイーストのみのシンプルパン。
そしてほとんど捏ねていません。
ちょっと変わった「冷蔵圧力発酵」という作り方。
捏ねた生地を袋に入れてギュッと縛って圧力をかけ
冷蔵庫で12時間以上低温で発酵させた後
成形→二次発酵→焼成、という手順です。

こちらの本を参考に。
「たった2つ!の生地で作れるパン―発酵は冷蔵庫におまかせ 」
「お菓子作りのなぜ?が分かる本」の著者、相原一吉さんの本だから
興味があったのですが、とても面白い本でした。
発酵で一番大切な事は時間の速さではなく
いかに「熟成したいい生地にするか」なので
冷蔵庫の中でゆっくりイーストを発酵させると
通常のものよりも、旨みのある深い味わいのパンが作れるそうです。

そして、袋に入れて圧力をかける事で
捏ね不足でも大丈夫だそう。
圧力をかけながら発酵すると、十分捏ねた物と同じ状態に
なるというのです。
半信半疑でしたが、本当に美味しいパンが焼けました♪
このパン、私ほとんど捏ねてません。
粉を合わせて冷蔵庫に入れて焼いただけ!

しかも余った生地はそのまま冷蔵庫に入れておき
3日目までを目安に焼けば、美味しさは変わらないようなのです。
これなら前もって生地を仕込んでおき、
食べたい時に食べたい分だけ焼けます。
しかも美味しいのです。
きっちりした理論をもとに作られたこちらの本、
とても参考になりました^^
焼き立ては、バターを乗せてじんわり溶かして食べるのが好き。
我が家のバターはお菓子用に無塩バターしかないので
バターの上にちょっとお塩を振って食べます。
お塩って本当に賢い調味料。
これだけで十分美味しいです。

焼き立てパンがあれば、後は簡単な葉物と
目玉焼きがあれば立派なランチに~^^
次はナッツやドライフルーツも入れて作ってみようと思います。
お菓子作りやパン作りの材料・ラッピング資材のお勧めサイト♪
cotta プレミアムメンバー
ランキングに参加中です☆
ポチリして頂けると嬉しいです♪♪♪
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村

関連記事

  1. ゴロゴロサツマイモと玉ねぎの黒ゴマパン
  2. オニオン ブレッド
  3. Rich食パン
  4. 桜あんぱん
  5. ハートのシナモンロール
  6. ハチミツパンとメープルクルミパン
  7. 生ハムとバターのサンドイッチ
  8. 今日のランチはクロックムッシュ

募集中のレッスン

 

 

 

最近の記事

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

PAGE TOP