苺のショートケーキ


今日は月一回のお菓子教室でした。
ずっと楽しみにしていた苺のショートケーキ。
もちろん家で手軽に作るような普通のショートケーキではありません。
生地の表裏全てに苺のポンシュがたっぷり打たれているので、打っているというか
浸している感じがする位ずっしりです。
トップにはこれまた苺のジュレがたっぷり掛かっています。
苺のムラングイタリエンヌでは「顔が笑ってないよ」と先生に言われるくらい緊張。
一人では出来ません、私・・・
見た目はかなりずっしり重そうなケーキですが、ムラングイタリエンヌを混ぜた
生クリームは本当に軽くてペロリと食べれました。
苺を存分に味わい尽くせるケーキです。

スッとフォークで切れるとってもジューシーなケーキです。
私の通っているお菓子教室イル・プルー・シュル・ラ・セーヌのレシピを使われています。
ステップアップコースは毎月レッスンの内容が違うので、作りたいお菓子があれば
先生にお願いすると先生が色々検討され、可能ならレッスン内容が決まります。
そういうのって嬉しいシステムです。
今日はイル・プルーのレシピ本を見ながら、あれも食べたい・これも食べたいと
色々お話しながら、気付けばレッスン開始から5時間半も過ぎていました。
美味しく楽しい一時でした♪
ランキングに参加中です☆
    ↓    ポチリして頂けると嬉しいです♪♪♪
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村


そんな楽しい一時の間に話していた『太陽光発電の余剰電力買取制度』について・・・
家に帰ってちゃんと読み返してみました。
経済産業省の資源エネルギー庁(そんな庁あるのかとびっくり)からのチラシでした。
平成21年11月から太陽光発電の余剰電力買取制度が始まったそうで、太陽光発電で
作られた電気のうち、余った電気をこれまでの2倍程度の価格で電力会社が買い取る事に
なったそうです。
買取に要した費用は、電気を利用してる私達が太陽光発電促進付加金として負担する
というシステムになっているそう。
その負担が始まるのが平成23年4月からで、前年の買取に要した費用総額を元に
国の審議会を経て付加金単価は決まるそうです。
(標準的な家庭で1ヶ月あたり数十円~100円程度)
太陽光発電を普及させ、国産エネルギーの拡大や地球温暖化対策に貢献するという目的
だと書かれてありました。
適当に読んで、適当に言ってしまったので、一応書いてみました^^

関連記事

  1. コーヒーのロールケーキ『ルーロー・オ・キャフェ』
  2. お菓子教室『サントレノ』
  3. 黒糖のタルト
  4. パイナップルのプリン
  5. 生チョコ
  6. ガレットブルトンヌ
  7. ソーテルヌのケーキ「スリー」
  8. ビッシュ・オ・マングー

募集中のレッスン

 

 

 

最近の記事

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

PAGE TOP