フォレ・ノワール

4月のフランス菓子のレッスンは
『フォレ・ノワール』

「黒い森」という意味のケーキ、
さくらんぼの入ったチョコケーキの
イメージが強いですが
今回教えて頂いたケーキはちょっと違いました。

ふわっふわに焼いたジェノワーズ、
クレームシャンティショコラ(チョコクリーム)
クリームシャンティ(オレンジ風味の生クリーム)
チョココポー。

先生に頂くレシピはたったの1枚。
レシピが多いと大変だ!と
脳が察知するのですが
今回は、これだけ?と油断する(笑)

一つ一つ見ると
そんなに難しい技術ではない気がしますが、
これがとても大変な行程。。。

18㎝のキャドルで焼いたジェノワーズを
8ミリという薄さにカットする時点で
かなりハラハラ。

その薄さの生地に
ポンシュをスプレーでシュッシュ。
通常は刷毛でポンポンしますが
あまりに薄く敗れてしまうので
スプレーを使うのです。

その薄っぺらい生地4枚、
これにクリームを乗せて、
重ねて行くんだから、
相当気の張る作業なのです。

挟むクリームは2種類。
クレームシャンティショコラ、
これがまた曲者で
65度に温めたチョコレートを
10度の生クリームに入れて混ぜます。

この温度が重要だそうで、
チョコの種類で上げる温度も違います。

ホワイトチョコは80度まで上げるので
そんなに失敗した記憶がないのですが
今回は混ぜすぎてボソボソになるのを
ビビり過ぎて混ぜが浅く、
まだらなチョコクリームに
なってしまいました><

そんな時に限って2人一組。
ご一緒だった祥子さん、
ゴメンナサイ><

失敗すると落ち込んで
次の作業に支障をきたしてしまうもの。
気を取り直して
落ち着いて作業するのが大切です。

もう一つのクリームは
クレームシャンティ。
こちらはオレンジ香料を混ぜて
泡立てるだけの生クリーム。

これを
生地とクリーム2種の
8層にして、最後
チョコを削ったコポーの乗せて完成です。

試食までかかった時間、
3時間半。

完成したケーキは
チョコケーキ独特の重さは全くなく
まるで空気のようなエアリー食感☆

食べても食べても
お腹にたまりません(笑)

いえいえ、そんな感想ではなく
肝心なお味、
オレンジとチョコの鉄板の組み合せ、
丁寧に泡立てたジェノワーズは
ふんわり優しい食感、
先生のチョコクリームは滑らか、
どこからも香るオレンジの風味、
とても上品で爽やかなお味。

家に帰って作ったケーキをカット。
空気たっぷりのケーキ、
試食の後でもペロリと2切れいけます。

「あれ?なんか違う」
先生の作られた試食のケーキと
私の作ったケーキ。

いつもはそこまで違いは感じないのですが
今回は結構違う気がしました。

きっとジェノワーズの出来と
チョコクリームの出来。
見た目はそこまで違いはないですが、
このケーキ、かなりのお菓子の腕が
必要なケーキなのだと再確認致しました。


レッスン後は疲れていたので
「もうこのケーキは作らない」宣言をしましたが
これはもう一度
リベンジしなければいけないケーキだと
私の中の誰かが囁いております(笑)

お菓子作りやパン作りの材料・ラッピング資材のお勧めサイト♪cotta プレミアムメンバーランキングに参加中です☆ポチリして頂けると嬉しいです♪♪♪にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村

関連記事

  1. レッスンの終わりにココアバナナケーキ
  2. 日本酒がふんわり香る柚子のパウンドケーキ
  3. ソーテルヌのケーキ「スリー」
  4. タルト・オ・ピニョン 松の実のタルト
  5. ごつごつ可愛いマカロン・ノア
  6. 生チョコ
  7. パイのお菓子 ナポリタン
  8. レモンのパウンドケーキ

募集中のレッスン

 

 

 

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

PAGE TOP