マンデル・シュトレン


12月のフランス菓子のレッスンは
『マンデル・シュトエン』
マンデル、初めて聞いた名前ですが
マンデルはドイツ語でアーモンドの意味。
アーモンドを20%以上含んだ物しか
『マンデル・シュトレン』と称せないのだそう。
律儀なお国、ドイツらしい厳格な決まりがあるのです。

まず中種を作り
全ての材料と混ぜ合わせていく、という作り方。
パンのように捏ねる事はなく、
むしろ浅く混ぜ合わせる事で
アーモンドや粉・フルーツの味わいを
それぞれ楽しめるシュトレンになるそうです。
シュトレンの形は、キリスト生誕時のおくるみだと言われています。
生地を二つに折り、サイドを抑えるのですが、
なかなか難しい。
結構押したつもりが、発酵とともに段差が分からなくりました。
私の働くパン屋さんでは、シュトレン型があり、
ボコボコとしたおくるみ型の型に入れて焼いていました。
あれなら全部同じ形になるし、便利です☆
年に一度の趣味の為には買えないけど・・・

焼きあがったらバターをたっぷりと塗ります。
生地のバターよりも多くてびっくり。
塗る、というようりぶっかける感じ。
さらに粉糖をたっぷり。
焼き立てだったので泣いてしまい、また後日たっぷり。
すごいカロリー間違いない。

それにしても美味しいシュトレンです。
重~い物を想像していたら、サクッと軽やか。
でもパンのようにふんわりとしたものではなく
しっかり濃厚だけど、上品な口どけ、とでも言いますか。
シュトレンのドライフルーツは何か月も漬け込むイメージですが
こちらは一晩のみ。
chicaさんのおっしゃる通り、フレッシュな果実感です。
真ん中に絞りだした、ラム酒で風味付けしたマジパンも
本当に良い香りと風味です。
厳選された美味しい素材と、浅く混ぜ合わせる作り方、
今回も色々お勉強になりました。

毎日少しずつ、変わっていく風味を楽しみたいと思います。
(少しずつ、私に出来るのか?)
お菓子作りやパン作りの材料・ラッピング資材のお勧めサイト♪
cotta プレミアムメンバー
ランキングに参加中です☆
ポチリして頂けると嬉しいです♪♪♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村

関連記事

  1. ソーテルヌのケーキ「スリー」
  2. ザッハトルテ
  3. ローズのブランマンジェ
  4. ミルフィーユ
  5. ごつごつ可愛いマカロン・ノア
  6. 『タルト・フォルモザンヌ』 バナナのタルト
  7. 11月フランス菓子レッスン「Nicolo」
  8. パルフェ・オ・ポワール

募集中のレッスン

 

 

 

最近の記事

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

PAGE TOP