パン・ド・ジェーヌ


昨日に引き続き、通信講座の課題です。
こちらはだいぶ前に作り、UPし忘れていた物。
『パン・ド・ジェーヌ』のジェーヌはイタリアの町ジェノバの
フランス語名で、直訳するとジェノバのパンという意味だそう。
19世紀初めに、ジェノバを含む北イタリア一帯が
フランス領になった頃に生まれたお菓子だそうです。
歴史を感じるお菓子です。
パン・ト・ジェーヌ型と呼ばれる、マンケ型の側面に
並々の溝がある型で作られる事が多いですが、
持っていないし実家への手土産で作ったので
普通にパウンド型で作りました。
作り方が少し変わっています。
卵に粉類を加え、グラニュー糖も加えたら
ふんわりリボン状になるまで泡立て
メレンゲを加えたら、最後に溶かしバターを混ぜます。
卵の次に粉を加えるのは初めて。
色んな作り方があるんですね~
粉類は、アーモンドパウダーにコーンスターチだけ。
なので、しっとり・ふんわりでとても美味しかったです♪

手土産だったので断面の写真はありません^^;
焼いた後、アプリコットジャムを塗った後に
フォンダンで仕上げるのですが、フォンダンがなかったので
グラス(粉糖とお水・レモン・オレンジコンパウンド)を塗りました。
このグラスが美味しかった♪
これはまた作りたい焼き菓子です♪
今日はフランス菓子のレッスンでした。
今回もとっても美味しいお菓子でした♪
ただ今、冷蔵庫で熟成中。。。(固め中)
そのお菓子はまた後日・・・
お菓子作りやパン作りの材料・ラッピング資材のお勧めサイト♪
cotta プレミアムメンバー
ランキングに参加中です☆
ポチリして頂けると嬉しいです♪♪♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村

関連記事

  1. いちごのショートケーキ
  2. いちごのオムレット
  3. ガレット・オランジュ
  4. カリカリ☆カラメリゼの美味しいサンマルク
  5. レモンのマドレーヌ
  6. タルト・オ・ポワール
  7. ガトー・ショコラ・ド・ナンシー
  8. レモンのカトルカール

募集中のレッスン

 

 

 

最近の記事

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP